グリーンネオンテトラ

By Sascha Biedermann (Own work) [CC BY-SA 2.5], via Wikimedia Commons
By Sascha Biedermann (Own work) [CC BY-SA 2.5], via Wikimedia Commons

【学名】
paracheirodon simulans

【種目】
コイ目 カラシン亜目 カラシン科

【分布】
ブラジル/ネグロ川  コロンビア/オリノコ川

【最大サイズ】
3.5cm

 

飼育条件

[温度] 20℃〜28℃  [水質] 弱酸性~中性  [餌] 人工飼料、生餌

 

混泳

[注意点]
性質も温和で良く群れるのでまとまった数を群泳させると良いでしょう。小型カラシン等のサイズが同程度の種との混泳に適した種です。

 

繁殖

近年ではブリード個体も見られますが、飼育下での繁殖は非常に難易度が高い種です。

 

特徴

ブラジルのネグロ川、コロンビアのオリノコ川原産のカラシンです。グリーンのラインが美しく、レイアウト水槽での群泳では涼しげな色彩が非常に映えることから人気です。赤味の強い個体ではネオン・テトラに良く似た外見を持ちますが、ロングラインネオンとも呼ばれるように、ブルー~グリーンのラインが頭部から尾ビレの付け根まできっちり入るのが最大の特徴です。また、成魚はネオン・テトラやカージナル・テトラに比べやや小さいなどの差も見られます。飼育はネオン・テトラに比べややデリケートですが、一旦落ち着けば丈夫な種です。数十匹単位で群泳させるととても清涼感のある水景になります。性質は温和で混泳にも適した種です。ブラック・ネオンやラミーノーズ・テトラなどの小型カラシンやコリドラスなどは特に相性が良いです。