コンゴテトラの飼い方/混泳・大きさ・繁殖・種類

コンゴテトラは七色に輝くメタリックのやや大きめの鱗がとても神秘的なテトラです。

また、各ヒレも大きく伸長し、白く縁取られた透明感のあるヒレが優雅さを際立たせます。

尾ビレの真ん中が突出していて、その先端が二つに分かれています。

コンゴテトラも他の熱帯魚と同様にしっかりと飼い込むことでさらに色彩があざやかに育ちます。

メスはオスに比べて地味目な色彩でヒレもあまり大きくなりませんが、綺麗な銀色の体はまた違った魅力があります。

体長は10cmを超えて大きくなりますので飼育する際は余裕を持った水槽サイズで楽しみましょう。

【テトラとは】

カラシン目カラシン科の小型の熱帯魚のことです。

多くの種類が南米出身で、サイズは数センチほどの小さい熱帯魚です。

【カラシンとは】

コンゴテトラはカラシンという種類の熱帯魚です。
adipose-fin

カラシンの特徴は背びれと尾びれの間に[アブラビレ]という小さなヒレがある事と、あごに歯が発達していることです。

カラシンの種類は多く、約1600~1700種類ほど存在し、主にアフリカと中南米に生息しています。

これはグループとしてはかなり多い方の部類で、ネオンテトラなどの小さな熱帯魚から、ピラニア、ゴライアスタイガーフィッシュなどの大型の熱帯魚までが入ります。

【学名】
Alestopetersius caudalis

【種目】
カラシン目アレステス科

【分布】
中央アフリカやコンゴ

【サイズ】
13cm

【寿命】
3年〜4年

飼育条件

[温度]
23~28度

[水質]

コンゴテトラはアフリカ出身ですが、現地の水質が弱酸性〜中性のようですので弱酸性の水質を好みます。

【水質について_詳しくはこちら】

[ 餌 ]人口餌

[注意点]
コンゴテトラは比較的丈夫な熱帯魚です。

水質や水温の適応範囲が広いので初心者にも飼育しやすい種類でしょう。

餌は人工餌で大丈夫ですがなんでもよく食べますのでコンゴテトラの為にも生き餌や冷凍赤ミミズなどバランスよく食べさせてあげましょう。

現地では群泳している熱帯魚なので単独飼育をするとストレスで調子が悪くなります。出来るだけ複数飼育で群泳させてあげましょう。

【ネオン病(カラムナリス病)についてはこちら】

【魚の病気についてはこちら】

【熱帯魚飼育の始め方についてはこちら→[アクア入門]】

混泳

コンゴテトラの性格は比較的温和ですので、混泳はしやすいでしょう。コンゴテトラ側から攻撃を仕掛けることはありません。

ただし、コンゴテトラに攻撃をするような大型の熱帯魚などは混泳はできません。

コンゴテトラ同士の混泳は全く問題ありません。

群泳の習性を持ちますので、大きな体で群泳するその景色は圧巻です。

他の種類の熱帯魚との混泳を考えるなら、少し大きめの中型サイズのアナバス等の熱帯魚を選びましょう。

水槽の底で生活する、オトシンクルス、コリドラス・ローチ、レッドラムズホーン等はオススメです。

繁殖

コンゴテトラの繁殖は、難しそうですが無理ではなさそうです。

コンゴテトラはばらまき型の産卵方式をとる熱帯魚のようです。

水質や水草などの環境が良ければ知らない間に産卵して稚魚が生まれていたりしますが、ほとんどの場合が知らない間に他の成魚に食べられてしまっています。

なので、コンゴテトラのようなばらまき型の熱帯魚の繁殖は産卵のことより食卵の事を注意する必要があります。

若い健康な成魚を用意する

コンゴテトラの繁殖はまず、オスとメスを分けます。メスのお腹は卵があるので膨らんで見えます。

繁殖は雌1匹に対して雄を2匹~3匹程度の割合でペアリングすると確率が上がります。

【産卵用の水槽を準備します】

ピートモスなどで、pH5.5前後の弱酸性水を用意して、水温は26度にします。

そして部屋のカーテンを閉めたり照明を暗くするなどして薄暗い環境を用意しましょう。

ブラックウォーターには抗菌・殺菌効果があり、故郷の中央アフリカやコンゴの川に水質の環境が似ているので、ピートモスやマジックリーフなどを用いてブラックウォーターの環境を作るもの効果的です。

水槽の低層にウィローモスを敷きましょう。

園芸用の鉢底ネットなどで水槽の上下を分けるのも手です。

上の部屋でコンゴテトラをペアリングして、卵を産むと、ネットを通り卵だけ下におちます。

【稚魚の世話】

卵が確認できましたら、水槽の水温を30度くらいまであげましょう。その際、親魚は元の水槽に戻します。

コンゴテトラの卵は孵化するのに4日〜5日かかるそうです。

コンゴテトラの稚魚が生まれたら、最初は小さすぎて普通の餌は食べられません。

インフゾリアを与えるか卵黄を溶かしてあげましょう。少し大きくなる生後1週間くらいでブラインシュリンプ、すりつぶした人口餌など、そこから大きさに応じて通常の餌と段階を上げてえさエサをしていきましょう。